ホームページ制作でやってはいけないこと5選【依頼前に要チェック】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ホームページ制作を検討しているけど、失敗しないか心配。」

と悩んでいる方向けに、ホームページ制作・集客で「やってはいけないこと」をまとめました。

今回お伝えする内容は、「信頼できる制作業者」にとっては当たり前の知識です。

しかし、機会がなければ、なかなか教えてもらうことができないものもあります。

Web制作のことを知らなくても、内容が分かるようにまとめているので、自衛のためにも一読いただければと思います。

  • これからホームページを制作しよう
  • 制作業者に依頼しよう

上記に当てはまる場合は、今回の記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

作成したまま放置する

いくら高い費用をかけたとしても、「作成しただけ」のホームページでは集客できません。

集客できるWebサイトにするためには、日々の更新・運用が必要不可欠です。

検索エンジン(GoogleやYahoo!など)経由のアクセスを増やすためには、コンテンツ(Webサイトの情報量・ページ数)を増やしていく必要があります。

とは言え、ガムシャラに更新するわけにもいきません。

TOPページのテキストをちょこちょこ変更したり、お客さんにとって不必要な情報を掲載するだけでは、あまり意味がないです。

僕がおすすめしているのは、ブログで「お役立ちコラム」を更新することです。

おすすめは「ブログ」の更新

現在の検索エンジンは、キレイにつくられたWebページより、「有益な情報を発信しているページ」を上位表示させる傾向にあります。

なので、ブログを使って「お客さんにとって有益な情報」を発信しましょう。

例えば「メガネ」のネットショップを運営している場合なら、

「自分の顔の形や、髪型にあったメガネの選び方」などを解説した記事を作成すれば、有益な情報になります。

そういった「悩み事」を解決できる記事を増やしていけば、サイト全体の価値も高まり、アクセス数を増やしていくことができます。

「メガネの選び方」などで検索してくるユーザーの悩み事を解決した上で、自社の商品をアピールしてみましょう。

すぐに効果が出る方法ではありませんが、継続すれば大きなアクセスを生むことも可能です。

また、来店したお客さんにもブログを紹介すれば、リピート率の向上も期待できます。

ホームページ制作を依頼する場合は、集客方法も提案してくれる業者を

ホームページ制作業者に依頼する時は、「集客方法も提案してくれるか」も確認しておいた方が良いです。

ブログでの集客以外にも、ネット広告やSNS(Twitter・Instagramなど)といった「集客手段」はたくさんあります。

その中から、自社に最適な集客手段を、Webに明るくない方が見つけ出すのは大変です。

そのあたりのアドバイスがもらえる制作会社なら、その後も良好な関係が築けると思います。

「制作後のことには関わりません」という業者に依頼してしまうと、苦労することになります。

ただし、どれも地道な運用が必要不可欠なので、「絶対に集客できる」と言い切れる制作会社はいないはずです。

むしろ「絶対、大丈夫」と無責任に言ってしまう会社は信頼しにくいですよね。

僕自身、制作の仕事をお受けする場合は、このあたりの内容も交えてお話しするようにしています。

「Web制作側の人間が知っている現実」をお伝えした上で、

  • 制作をGOするのか
  • やめておくのか

両者を判断してもらうのも大切なことだと思います。

昔は適当なことをやってもアクセスが集まりましたが、今はそんな時代ではありません。

全て任せっぱなしにするのではなく、「どんな集客方法があるのか」を自身で把握しておくことも必要になります。

Webの集客方法については、以下の記事で紹介しているので、合わせて読んでみてください。

関連記事:【Web集客】ネットを使って集客する方法7選【コツも紹介】

間違ったSEO対策業者に依頼する

「〇〇万円で必ず上位表示させます。御社での作業は不要です。」といった、甘い文句で営業してくるSEO対策業者には注意すべきです。

最近では減ってきたものの、周りの話を聞く限りでは、まだ存在しているようです。

検索エンジンで上位表示するための、「絶対の方法」や「カンタンな方法」は存在しません。

上述したように、Webサイトのアクセス数を増やしていくためには、コツコツ継続した更新が必須です。

SEO対策業者への依頼を検討している方は、以下の記事に目を通しておくことをオススメします。

外部サイト:SEO業者選び、こういうところはダメ!な失敗例&失敗しないための大原則|デジタルマーケティングラボ

悪質なSEO業者の手口がまとめられています。

スマホ対応ができていない

これからホームページを作成する場合は、「スマホ画面への最適化は必須」という認識を持つことが大切です。

個人でPCを持っている人は、年々減る一方です。Webサイトへのアクセスも、スマートフォンが大半を占める時代になってきました。

僕自身、仕事柄パソコンを多用していますが、仕事と関係ないことを調べる時はスマホしか扱いません。

スマホに最適化できていないホームページでは、せっかく訪問者を獲得しても、すぐに離脱されてしまいます。

スマホでの閲覧時にも、見やすいWebサイトにしておきましょう。

ホームページのスマホ対応には、以下の2つの方法があります。

  • レスポンシブ化:画面サイズによってデザインを可変する
  • スマホ専用ページの作成:スマホでの閲覧時に、専用ページに切り替える

現在であれば、迷わず「レスポンシブ化」を採用しましょう。そちらの方が、SEO対策にも有効です。

無料サービス(サーバー・ドメイン)を利用する

Webサイトを運用するのに必要なのが、「ドメイン」と「サーバー」です。

  • ドメイン:HPの住所みたいなもの(例:〇〇.com、▲▲.net)
  • サーバー:作ったWebサイトデータの保管場所(インターネット上の保管場所)

この2つを無料で入手できるサービスがあったりします。

しかし、無料サービスには注意が必要です。

無料サービスを提供する会社が、「倒産」や「サービス停止」すると、その瞬間からせっかく制作したホームページにアクセスできなくなってしまいます。

コストや労力がどれだけかかっていたとしても、すべてが水の泡になってしまうわけです。

本格的に運用するなら有料のものを選びましょう。(※ドメインは年額1000円前後で取得できますし、サーバーも年額1万円前後で借りることができます。)

派手なデザインにこだわる

Webデザインのトレンドは、絶えず変化していきます。

しかし「魅せるサイト」ではなく、「事業用のWebサイト」を運営するならシンプルイズベストです。

  • スクロールするたびにアニメーションが表示される。
  • クリックするとパーツが回転する。

これらの動作は、一見格好良いですが、やりすぎると邪魔になります。

あくまで「訪問者を飽きさせないためのエッセンス」として利用すべきです。

また、派手な動作にこだわるほど、サイトの表示スピードも落ちていきます。

派手なデザインを検討する場合は、「Webサイトの目的」と照らし合わせながら考えましょう。

「デザインは地味だけど、情報がしっかり伝わる」というWebサイトの方が、売上が大きいということもよくある話です。

まとめ

今回はホームページ制作で「やってはいけない」ことをまとめました。

信頼できる制作業者であれば、これらの内容は伝えてくれると思います。

とは言え、自分自身が知っているのと、業者に任せっぱなしにするとでは、結果が大きく変わってきます。

悪質な業者に引っかからないためにも、最低限の知識は持っておくと良いですよ。

僕自身、Web制作業をやっていますので、何かお困りのことがあれば、以下のページから気軽にお問い合わせください。

お問い合わせページ

ご相談ベースでも大丈夫です。ご連絡いただけましたら、回答させていただきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする