Webデザイン初心者におすすめな本まとめ【ノンデザイナー向け】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これからWebデザインを勉強してみたいけど、どんな本を選べば良いんだろう?」

そんな疑問にお答えします。

この記事では、今まで僕が読んだ中で、初心者にオススメだと思える本をまとめて紹介します。

以下の目的別にまとめているので、

  • デザインの基礎知識を身につける
  • デザインツールの使い方を覚える
  • Webデザインのアイデアを得る
  • これからWebデザイナーを目指す

気になるものがあれば、ぜひチェックしてみてください。

デザインの基礎知識を身につける

デザインに関しては「センス」に依るところも大きいですが、「良いデザインを作るためのルール・知識」というものもあります。

レイアウトやフォント・文字組みの基礎知識を知っているだけで、ある程度センスを補うこともできます。

参考デザインを眺めるにしても、得られる情報が大きく変わってくるはずです。

Webデザインを学びたい場合は、これから紹介する本を1冊だけでも読んでおくことをオススメします。

以下に紹介する本は、Webデザインを専門としたものではありませんが、十分に参考になるはずです。

定番本「ノンデザイナーズ・デザインブック」

色んなところで紹介されている、デザイン入門の定番とも言える良書です。

【近接・整列・反復・コントラスト】といった、「デザインの基本原則」について学ぶことができます。

書籍内でも述べられていますが、この本を読めば、

「このサイトはデザインが綺麗だな」と感じた理由を、論理的に説明できるようになると思います。

論理的に説明できるということは、それを自分のデザインにも応用できるということです。

これからデザインを始めたいと思っているなら、ぜひ読んでおくことをオススメします。

ただ注意点としては、元々が洋書のため、英字デザインをベースに解説されているところです。

その点が気になる場合は、次に紹介する本の方が良いかもしれません。

一番おすすめ「デザイン入門教室[特別講義] 確かな力を身に付けられる ~学び、考え、作る授業~ 」

個人的には、一番勉強になったと感じる本です。

少し厚めの本ですが、デザインに関する基礎知識が詰まっています。

日本語デザインを中心に解説されていますし、写真やイメージ図も多用されているので、初心者でも分かりやすいと思います。

どの本を選べば良いか悩んだら、この本を選びましょう。これ一冊でデザインの基礎に関しては、そこそこ網羅できているはずです。

読み物としても面白い「なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉」

「なるほどデザイン」も色々なところで紹介されている、良書です。

この本のページ自体、デザイン性が高いので、読んでいるだけでも楽しいと思います。

キレイにデザインされた雑誌のような紙面なので、「本はちょっと苦手かも」という人にもオススメです。

デザインツールの使い方を覚える

Webデザイナーが使う代表的なツールに、「イラストレーター」「Photoshop」の2つがあります。

  • Photoshop:画像(写真系)の加工・修正ツール
  • Illustrator:画像(アイコンなどのイラスト系)の加工・修正ツール

これらのツールは、「基本的な操作」自体が非常に難しいです。

機能が豊富にあり、最初はどう操作すれば良いかすら混乱すると思います。

なので「最初の一冊」としては、できる限り薄くて、分かりやすい本を選ぶと良いです。

Photoshopを学ぶ最初の一冊「デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本」

これだけで「実務」というわけにはいかないですが、挫折せずに操作方法を学ぶなら最適だと思います。

写真の明るさを補正したり、切り抜いた画像の合成などをしながら、Photoshopの基本操作を学べます。

まず、この本で一通り操作方法を学ぶ。その後にネットで調べながら、自分の作りたいものを作成していくって感じの勉強方法がオススメです。

Illustratorを学ぶ最初の一冊「デザインの学校 これからはじめるIllustratorの本」

上記で紹介した本の、Illustrator版です。

ロゴや名刺、地図の描き方を学びながら、Illustratorの基本操作を習得できます。

初心者にとっては、わりと本格的なものを作成するので、この1冊やるだけでも達成感を得られると思います。

Webデザインのアイデアを得る

「Webデザイン良質見本帳 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集」

本のタイトル通り、Webデザインの見本帳です。

  • 高級感があるデザイン
  • 季節感を感じるデザイン
  • 美容室・エステサイトのデザイン

といった感じで、カテゴリー別に参考デザインがまとめられています。

デザインのアイデアに詰まった時に見返すと、ヒントになります。

参考にしたいWebデザインを探すだけであれば、以下のように便利なサイトがたくさんあります。

Web Design Clip | Webデザインクリップ

SANKOU! | Webデザインの参考サイト集

しかし「Webデザイン良質見本帳」であれば、「高級感のあるデザインにするためのポイント」なども合わせて解説されているので、より勉強になります。

これからWebデザイナーを目指す

「Webデザイン必携。 プロにまなぶ現場の制作ルール84」

「実務的なデザイン」をするための知識が解説されています。

Webサイト制作を行う場合は、【デザインを作成する → HTML/CSSを使ってコーディングする】といった工程を踏むことになります。

そのため、デザイン作成の時点でコーディング作業のことも考慮しておく必要があります。

コーディングを考慮したデザインにしておかないと、せっかく作ったデザインが実現不可能という事態になったりするのです。

こういった知識は、実務で失敗して分かっていく部分も多いのですが、それを書籍で学ぶことができます。

Webデザインの勉強を開始して、少し経ってから読むと良いと思います。

HTML/CSSを学ぶなら

個人的に、「HTML/CSS」に関しては学習サイトで学び始めることをオススメします。

「Progate」を使って学習するのが一番分かりやすいです。

Progate

僕がWeb制作を学び始めた当時は、まだProgateがリリースされていませんでした。なので「HTML/CSS」に関しては、以下の本を使って学習しました。

この本は、Webサイトの制作工程も含めて解説してくれるのがメリットなのですが、

その分、完全未経験者にとっては分かりにくい単語も出てきます。

「Progate」は、完全未経験者に向けたサービスなので、最初の1歩目はProgateが良いと思います。

書籍や学習サービスを、バランス良く使って学んでいきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする