プログラミングスクールと独学で悩んでいる方へ【年齢で決めるべき】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プログラミングスクールと独学、どっちが良いのか?


「プログラミングの独学は不可能なの?」
「やっぱりスクール行かないと、身につかないのかな?」

そのように迷っているなら、ぜひこの記事を読んでみてください。

いきなり結論から言うと、

それなりの時間はかかるものの、プログラミングの独学は可能です。

僕自身は、途中まで独学に挑戦していたのですが、

かかる時間と年齢も考慮した結果、プログラミングスクールである「テックアカデミー」を受講しました。

関連記事:未経験者がテックアカデミーを受講した感想【その後の結果も公開】

しかし、その後もプログラミングを続けていく中で、独学自体は可能だと考えるようになっています。

独学に必要なのは「諦めない気持ち」と「時間」だけ

プログラミング学習は諦めない気持ちが大事

独学で一番大事なのは、当たり前ですが「諦めない気持ち」と「時間」だけです。

個人的に、独学には以下のような2段階があると思っています。

  1. 必要最低限を学ぶための独学
  2. スキルを伸ばしていくための独学

初心者(完全未経験)の場合は、1段階目から2段階目への進化を目指すのが、とりあえずの目標となります。

では1〜2段階で、どこが境界線なのかと言うと、

「Web上 or 書籍の情報で、自分の実現したいことや疑問を解決できるようになる」

だと考えています。

もちろん、この可否は「実現したいことの規模」にも依りますが。

(あくまで個人的な目安の話で、世間一般にそういう考えがあるわけではないのでご注意を)

自分で調べて自己解決できるようになってくると、

自分の作りたいものを作れるようになる実感が湧いてくるわけです。

この感覚がすごい大切だと感じていて、ここまで来れば、挫折しそうな壁に直面しても乗り越えていけると思います。

「必要最低限の知識を身につける独学」の期間が、一番辛い

プログラミングは基礎勉強が一番大変

「ネットで調べて、自己解決する」というだけの話なのですが、これが初心者には結構キツイです。

その理由としては、以下の2種類があると思います。

  • 必要最低限の知識が多すぎる
  • 次何しよう?になりがち

必要最低限の知識が多すぎる

Aを理解するために、Bを理解する必要がある。そして、Bを理解するにはCのことを理解する必要が・・・。

という感じで、必要最低限とは言っても、

未経験者(特にIT初心者)にとっては、学ぶ量がとても多いのですね。

最初の取っかかりとして「Progate」というプログラミング入門サイトはオススメですが、

入門サイトを一通り終わらせても、本やネットの情報をすんなり理解することはできません。

入門サイトであっても、独り立ちするまで網羅することは難しいわけです。

なので、地道に「単語レベルでググりながら」やっていくしかありません。

次は何しようになりがち

必要な基礎知識も多いのですが、「あれを学んで、次はこれ」と明確になっているわけでもないんですね。

なので、

  • 入門書を一通りやってたけど、次何しよう
  • 自分の作りたいものを作るためには、あと何を学べば良いんだろう

上記のように、なりがちです。

独学を成功させるためには、「学習を止めないこと」が大事なので、

Amazonのレビューなどをチェックしながら、今の自分にとって必要そうと思えるものを選んでいくと良いと思います。

ちなみにPHPを学びたいのであれば、以下の記事でオススメの勉強順番を解説しているので、参考にしてみてください。

完全初心者がPHPを独学で勉強する方法【6ステップで迷わず】

必要最低限の知識を学ぶ段階で、挫折する人が多い気がする

どの段階で挫折してしまうかは、人それぞれですが、

概ね「必要最低限の知識」を学ぶ段階で、挫折する人が多いように感じます。

(以前勤めていたWebシステムの開発会社では、その傾向が顕著でした。)

まず最初に、Progateや入門書を使って、基本的なことを学びます。

そのあとは、

  • 教材のレベルをちょっとずつ上げる
  • 自分で考えて、カンタンな処理を動かしてみる

というように、インプットとアウトプットをバランス良くやっていくことが必要です。

この期間が長引けば長引くほど、辛くなってきます。

それでも、諦めずに続けていって、独学でスキルを伸ばせる段階にくれば、上達も実感できて楽しくなると思います。

なので月並みですが、根気・諦めない気持ちが大切なわけですね。

また、試行錯誤を重ねて勉強していくことになるので、時間を確保することも重要です。

プログラミングスクールの検討には「年齢」も考慮に入れると良い

年齢も考慮するべき

プログラミングは勉強の連続なので、やっぱり学び始めるのは早い方が良いです。

特に、「スキルを伸ばしていくための独学」ができるようになるまでには、早く到達したいものですね。

そこまで行けば、あとはやれば伸びていけるので。

そういう意味で言うと、

  • 独学でいくのか
  • プログラミングスクールに通うのか

どちらにするかは「自分自身の年齢」も考慮すると良いと思います。

あなたが学生で、時間をしっかり確保できるのなら、独学で全然良いと思います。

文系であったとしても、新卒ならポテンシャルで、エンジニア採用も十分あり得ます。

しかし、既に社会人ということなら、プログラミングスクールも検討した方が良いでしょう。

エンジニアとして転職する気持ちが、少しでもあるなら尚更です。

働きながらだと、「前に進んでいるのか分からない時期」を過ごすのも、精神的にキツイと思います。

関連記事:元受講生おすすめのプログラミングスクール3選【無料体験の情報も紹介】

プログラミングスクールに通うメリット

プログラミングスクールに通うメリットは?

僕は自身の年齢も考慮して、プログラミングスクールを受講しました。(勉強を始めた当時は、25歳でした。)

その後は、Webシステムの開発会社に勤めながら、独学を継続しました。

その経験も踏まえて、

独学と比較した場合の、プログラミングスクールを受講するメリットをまとめておきたいと思います。

「独学できるレベル」になるまでに短期間で済む

これが一番のメリットです。

プログラミングスクールには、現役エンジニアに質問できる環境と、体系立てられたカリキュラムがあります。

なので「独学でスキルを伸ばしていけるレベル」になるまで、短期間で成長することができます。

あくまでそこがスタートラインではあるので、スクールを受講しただけでは、バリバリのエンジニアになることはできません。

しかし、上述した通り、そのスタートラインにすら立てないまま挫折する人も多いのです。

しんどい部分をサポートしてもらいながら、基礎知識を得られるのは大きなメリットだと思います。

就職支援付きなら、「無料で」成長する環境も手に入る

就職支援付きのプログラミングスクールなら、受講後に就職するチャンスも得られます。

やはり、仕事としてプログラミングに取り組むと、成長のスピードが段違いです。

最近だと、

  • 就職/転職を前提に、無料で受講できる
  • 就職が決まれば、キャッシュバック

上記のようなスクールも増えてきているので、賢く使うのが良いです。

フリーランスを目指したい人も就職した方が良い

プログラミングを学んで、フリーランスとして生きたい人も多いと思いますが、

いきなりフリーランスより、まずは就職した方が近道です。

実務を体験することで、プラグミングスキルだけでなく、

仕事の回し方(工程)や、勉強だけではカバーしきれない「webの常識」やトラブル時の対応などを多く学べます。

また、実務経験さえあれば、フリーランスで失敗して会社員に戻るという選択肢を取ることもできますよ。

関連記事:フリーランスになれるプログラミングスクールはあるのか?

全てはトレードオフ:「時間」or「お金」を投資しよう

時間かお金を投資する

プログラミングスクールに通うのは、

「スキルを買う」というよりも、「時間を買う」という感覚が近いかなと思います。

全てのことはトレードオフです。

何かを得るためには、「時間」もしくは「お金」のどちらかを投資しないといけません。

  • 独学でいくのか(時間を投資)
  • スクールを選択するのか(お金を投資)

どちらを選択したとしても、勉強を続けて行くことに変わりありません。

自身の状況に合わせて好きな方を選びましょう。

プログラミング学習の失敗 = 諦めてしまうこと

プログラミング学習の失敗は諦めること

独学自体は可能ですが、諦めない気持ちと時間が必要です。

最初は大変ですが、身につけたら自由な働き方もできる職種なので、頑張りましょう。

プログラミングスキルを習得すると、働き方の選択肢が大きく広がると思いますよ。

失敗したくないなら、スクールの無料体験を活用するのもアイディア

完全独学は自分との戦いですが、スクールの「無料体験」だけ活用してみるのもアイディアです。

一番最初に「プログラミングって楽しいかも」と思えれば、きっと続けられます。

しかし、イキナリ分厚い書籍なんかを買ってきてしまうと、挫折まっしぐらです。

最初にプログラミングの楽しさを実感してから、自分に合った勉強法を模索するのが良いかなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする