プログラミングスクールを受講して失敗したこと【目標設定マジ大事】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
プログラミングスクールで失敗したこと


僕は25歳の時に、プログラミングスクールである「テックアカデミー」を受講し、プログラミングの学習を始めました。

テックアカデミーでの学習内容自体は、僕にとって満足できるものではあったのですが、

一つだけ大きな失敗をしてしまいました。

それが、「目標設定が曖昧なまま、スクールを受講したこと」です。

目標が明確になっていないままだと、

どのスクールを選んでも、僕と同じ失敗をすると思います。

プログラミングスクールで失敗したくない人は、「受講前」にぜひ読んでみてください。

この記事では、

  • 明確な目標設定をするべき理由
  • 失敗しないための受講方法

僕のスクール失敗談も踏まえながら、これらのことをお伝えしたいと思います。

「目標設定 = スクール受講後にどうするの?」という話

プログラミングスクール受講後の進路を考える

プログラミンスクールを受講するにあたって、明確な目標設定をしておくことが大切だと思います。

では「目標設定とは、一体何なのか」と言うと、

それは「スクール受講後は、どうしたいの?」ってことです。

  • Webサービスが作れるようになりたい!
  • プログラミングできたら、楽しそう!

などなど、プログラミングスクールを検討する理由は多々あると思いますが、

結論から言うと、キャリアのことも考えながら目標設定するべきです。

その理由を「スクール受講前の僕が勘違いしていたこと」も含めてお話しします。

スクール修了はあくまでスタートライン

僕がプログラミングスクール受講で目標にしていたのは、「プログラマーとして稼げるスキルを身につける」です。

(当時は自営業をしていたのですが、経済的に厳しくなっており、新しい武器を身につけるための投資と考えていました。)

何故か、受講前の僕は「スクールさえ行けば、オールOK」ぐらいに思っていたわけです。

そのため、プログラミングスクールを受講する目的もカナリ曖昧で、


スキルを身につけて稼ぎたいけど、エンジニアとして就職も面白そうだな。

悩むけど、スクール受講後に、どっちでも好きな方選べば良いよね。

とりあえず、スキル身につけたら何とかなるでしょ!

という感じでした。

今考えると、とてもアホの子な考えなんですけど、当時はそれぐらい軽く考えていたんですね。

冷静に考えれば、2ヶ月そこらでバリバリのエンジニアになれるはずがありません。

当時の僕は、それぐらいIT知識に関して無知だったわけです。

僕がスクール受講後にどうしたか

プログラミングスクールを受講したことで、それなりの効果は実際ありました。しかし、「プロのレベル」とはまた別の話。

受講後になってから、やっと「何か、思ってた程じゃない」と気づきました。

その後に少し経ってから、経済的な理由と人間関係的な理由もあって、就職することになりました。

とは言え、「スクールの就職支援を活用する」という頭もなかったので、普通に就職活動をしたわけです。

しかし、転職面接で「プログラミングスキルを使って、自由に稼げるようになりたい!」と言えるわけがなく、エンジニアになりたい意思を上手く伝えることはできませんでした。

結果として「いきなりエンジニアは難しいので、まず営業から」という話になり、

就職後は開発に携われない期間をそこそこ過ごすことになりました。(もどかしい思いばかりで、結構きつかったです。)

テックアカデミーのおかげで独学力は付いていたので、業界知識を吸収しつつスキルを伸ばせたのですが、

最初からエンジニアとして転職できていたら、もっと短期間で伸びれたなと思っています。(完全に自業自得ですが)

キャリア上の目標設定を大事に

  • 個人開発者になりたい
  • フリーランスとして仕事したい
  • サービス作って起業したい

などなど、個人によって目標は違いますが、

「フリーランスを目指したい」ということであれば、まず転職を目指すのが近道です。

就職することで、プロのレベルってどんなものかを知ることができますし、

仕事の回し方(工程)や、勉強だけではカバーしきれない「webの常識」やトラブル時の対応などを学べます。

関連記事:フリーランスになれるプログラミングスクールはあるのか?

この点を認識して、僕自身も初めから「素直に就職すること」を目標にしてすれば、もっとスムーズだったかなと思います。

今から考えると、スクールの無料体験などでキャリアの相談をしておけば良かったのですが、
思い立ったらという感じですぐに申し込んでました。

無料体験でキャリア相談しちゃえば良い

無料体験でキャリア相談

キャリアも含めた目標がある程度決まったら、まずはスクールの「無料体験」を受けましょう。

プロに、将来の希望を伝えつつ相談すれば、自分にとっての最適なキャリアプランも固まってくるはずです。

スクール受講経験のある僕が、

無料体験可能なスクールの中からピックアップしたおすすめは以下です。

  • テックアカデミー:オンライン型、カリキュラム難しめで力がつく
  • GEEK JOB:通学型(東京)、就職前提かつ完全無料(ただし就職の意思が必要)
  • CodeCamp:オンライン型、マンツーマンレッスン

※いずれも現役エンジニアに教えてもらえます。

GEEK JOBは、転職することを前提に、完全無料で受講可能です。ただし、東京の教室に通う必要があります。

テックアカデミーとCodeCampに関しては、オンライン型なのでどこでも受講できるのが魅力ですね。どちらも、通常コース以外に、転職支援付きのコースも存在しています。

実際に無料体験を受講してみて、ちゃんと相談に乗ってくれて、良いイメージが描けたところに行くと良いです。

プログラミング自体の勉強もできるので一石二鳥ですね。

また、各スクールの比較については、以下の記事で解説しているので、気になる人は読んでみてください。

元受講生おすすめのプログラミングスクール3選

スクールで学べるおすすめ言語は?

「作りたいもの・目標」によっても変わってくるので、こちらも無料体験で相談する方が確実ですが、

ざっくりおすすめなのは、以下のような感じです。

エンジニア転職が目標なら「Java」

Javaは、業務システムや大規模の案件で使われていることが多い印象です。

扱っている会社も多いので需要があります。

プログラミングの基礎が、しっかりと身につく言語でもあるので、エンジニアへのキャリアチェンジを考えているならおすすめかと思います。

フリーランスも目指したいなら「PHP」

フリーランスを目指したいのなら、個人的にはPHPをおすすめします。

Web制作や小規模・中規模案件で用いられることの多い言語で、個人で仕事を獲るチャンスが多いと思います。

Javaのように、PHPを採用している企業も多いです。

ちなみに、僕がテックアカデミーで学んだのは「Ruby」だったのですが、

僕の住んでいる地方には扱っている会社がそもそも少なく、「PHP」を自分で勉強し直しました。(この辺りも、失敗要因ですね。リサーチ不足・・・。)

アプリやゲーム系は・・・分かりません

スマホアプリやゲームを作りたいということであれば、

すみませんが、あまり分かりません。

これこそ、各スクールに相談してもらえるとありがたいです。

(※混乱するかもですが:スマホアプリなども裏側の処理は、実はPHPやRubyなどで動いていたりします。)

【失敗しないために】プログラミングスクールを活用するポイント

プログラミングスクールで失敗しないポイント

プログラミングスクールで失敗しないためには、目標設定が一番重要なわけですが、

失敗しないためのコツについても、まとめておきます。

1.「スクール修了 = スタートライン」と考える

スクールを修了したからといって、完璧なスキルが身につくわけじゃありません。

プログラミングスクールを受講するメリットは、自分をエンジニアとしてのスタートラインに立たせてくれることだと思っておきましょう。

「プログラミングスクールと独学どっちが良いの!?」な人に贈る記事でも解説していますが、プログラミングはスタートラインに立つこと自体が難しいものなわけです。

なので、スクールでは知識だけじゃなくて「自分で調べて解決できる力」を身につけることも目指しましょう。

そのためには、自分でも一旦調べた上で、メンターに質問するという学習スタイルがおすすめです。

具体的な問題(不明点)があることで、調べ方を鍛える訓練にもなりますよね。

そして、自分で一旦調べた上で質問することで、より深くまで聞けるようになるわけです。

深く知ろうと思えば、どこまでも深いのがプログラミングの世界です。そのことを念頭に入れておいてください。

2.メンターがエンジニアのところを選ぶ

上述した通り、スクールで達成すべき目標は、エンジニアとしてのスタートラインに立つことです。

そのため、選んだプログラミングスクールによって、受講後のスキルに大きな差が生まれるわけではありません。

だからこそ、プロのエンジニアが教えてくれるところにしておけば間違いないです。

僕が受講したテックアカデミーについては、以下の記事でレビューしているので、よければ参考にしてください。

未経験者がテックアカデミーを受講した感想【その後の結果も公開】

3.適切な期間で申し込む

プラン(期間)を選ぶスクールの場合は、ある程度余裕を持ったプランを選びましょう。

プログラミングスクールでの学びは、カリキュラムをこなせばOKというものではないです。

自主学習をどれだけするかも大切で、その方がより「質問できる環境」を活かせます。

短すぎると、「カリキュラムをこなしただけ」になってしまうので、適切な期間で申し込むと良いですよ。

まとめ

まとめ

プログラミングスクールで失敗しない最大のコツは、目標設定(スクール受講後にどうするのか?)にあります。

適切な目標設定をするためにも、スクールの無料体験を賢く使いましょう。

  • テックアカデミー:オンライン型、カリキュラム難しめで力がつく
  • GEEK JOB:通学型(東京)、就職前提かつ完全無料(ただし就職の意思が必要)
  • CodeCamp:オンライン型、マンツーマンレッスン

複数のスクールの無料体験を受けておくと、色んな意見も聞けるのでオススメです。

キャリアの目標設定は、早めに決めるに限ります。

特にエンジニアは技術が命なので、早ければ早いほど有利ですよ。

関連記事:元受講生おすすめのプログラミングスクール3選【無料体験の情報も紹介】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする