プログラミングで作りたいものがない時どうする?【思考停止でOK】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「プログラミングを習得するには、作りたいものを作れば良い」というのは、よく聞くアドバイスですよね。

とは言え、「そもそも、作りたいものが思い浮かばない」ってケースも多いと思います。

今回の記事では、【作りたいものがない場合のプログラミング勉強法】ついて紹介します。

結論としては、「とりあえず思考停止すればOK」です。

Progateなどを使って、一通り基礎は学んでみたけど

「これから何をすれば良いのか分からない」って状況なら、ぜひこの記事を読んでみてください。

「作りたいものが分からない」は普通のこと

「プログラミングを学んだけど、作りたいものが分からない」は、結構あるあるじゃないかなと思います。

プログラミングを学び始めたばかりの頃は、僕も同じ悩みを抱えていました。

しかし、この悩みの根本のところは、

「今の自分で、作れるものが分からない」だと思うんですよ。

仮にプログラミングスキルという制限がなければ、作ってみたいものがポンポン浮かんでくるはず。

とは言え、「どんな質問にも答えてくれるチャットボット作ろう!」と考えていても、ハードル高すぎますよね。

基礎を覚えたぐらいの状態だと、絶対に挫折します。

そんな状況を脱出するために一番良いのは、「作り方を解説してくれるチュートリアル」をやることです。

「ちょうど良いレベルの課題」を自分自身で考えるのは難しいです。

そんな時間はもったいないので、思考停止して手を動かしちゃいまいしょう。

初心者向けの「チュートリアル」をやろう

というわけで、初心者にもオススメなチュートリアルの見つけ方をご紹介します。

探せば色々出てきますが、興味のあるものに手を出せばOKです。

「ドットインストール」でカンタンなアプリを作ってみる

まずは、プログラミング初心者にはおなじみのドットインストールです。

「JavaScript」なら、「おみくじアプリ」や「割り勘電卓」などの作り方を無料で学ぶことができます。

カンタンなものだったとしても、「自分で作れるもの」を増やしていくと自信に繋がります。

基礎をちょこっと学んだ状態でも取り組めるので、積極的にやっていくと良いです。

自分で作ったものを増やしていくだけでも、プログラミング学習が楽しくなるかなと思います。

2〜3ヶ作った後に見返すと、「結構進んだなー」と小さな達成感を得ることもできるのでオススメです。

ドットインストール

「Udemy」で本格的に取り組んでみる

もうちょっと本格的なものを作ってみたいという場合は、Udemyと言う動画学習サービスもおすすめです。

こちらは、興味のある動画講座を購入して学習するイメージです。

英語の講座も多いですが、日本語のものも増えてきています。

自分の学びたい言語のチュートリアルがあれば、やってみると良いです。

各講座は有料ですが、定期的にセールをやっています。なので、セール中に購入しておくとお得ですよ。

ただ、講座によってクオリティは違うので、レビューはしっかり確認しておきましょう。

Udemy

チュートリアルは、探せばいっぱいでてくる

上記の2サイト以外にも、いろんなチュートリアルがあります。

例えば「PHP 掲示板 作り方」とかでググると、丁寧に解説してくれるサイトを発見できます。

ざっと見て、できそうなものにチャレンジしていきましょう。

いざやってみて、「やっぱり難しい・・・」となったら、別のものにチャレンジすればOKです。

何個か作ってみてから再チャレンジすると、すんなり進んだりするものです。

作ったサンプルアプリを改造するのも勉強になる

各チュートリアルで作成したサンプルアプリを、好きなように改造してみるのも良いアイディアです。

一覧で表示される内容を並び替えてみたり、出力内容をちょこっと変えてみたり、

細かい部分でも改造してみると、より理解が深まると思います。

色々調べているうちに、「知りたいことの調べ方」も分かってくるので一石二鳥です。

チュートリアルなら「作る過程」を体感できる

チュートリアルをやるメリットは、「作る過程」を体感できることです。

基礎学習で、if文や関数のことを学んでも、実際の使い方がイメージできない人も多いと思います。

しかしチュートリアルをやっていけば、

「この関数は、こういう時に使うのか!」という感じで、色んな気づきが得られるはずです。

また、数をこなしていくうちに、プログラミングに慣れていくことができます。

ステップアップの方法に悩んだら、ぜひチュートリアルにチャレンジしてみてください。

プログラミングの学習は「継続」が大事

プログラミング学習で、一番大事なのは「継続」です。

一度手を止めてしまうと、モチベーションが下がります。そして何より、せっかく覚えたことも忘れてしまいますよね。

なので、「こんなの作って意味あるの?」ってものでもドンドンやってみると良いです。

そのうち、スキルも上がってきて「こんなものを作ろう」ってアイディアが浮かんでくるはずです。

とりあえず思考停止して、手を動かし続けよう

手を動かし続けるためのコツは、「とりあえず作れるものを作ること」です。

いきなり、「意味のあるもの」を作るのってハードル高いです。

プログラミング以外にも、ニーズを読む力とか、他のものも必要ですよね。

何ヶ月もかけて、初心者ながらに大作を作ってみるより、

「アレも作った、コレも作った」ってポンポン言える方が楽しいかなと思います。

そうやって経験を積んでいくうちに、挑戦できるレベルも上がっていきます。

それまでは思考停止して、とりあえず作れそうなものを作っているで全然OKですよ。

悩んで前に進めないよりも、全然良いはずです。

そのうち「作りたいもの」も浮かんでくる

小さくても「作れるもの」を増やしていくことで、だんだんと「自分の作りたいもの」もイメージが湧いてきます。

技術を「知っている」のと、「使える」の間には大きな壁があります。

どんな知識でも、使ってみないことには身につかないものです。

なので、ちょっとずつ「使える知識」を増やしていきましょう。

そうしている間に、「コレとアレを組み合わせれば、なんか面白いものができそうだな」という感じで、
バラバラだった知識が繋がっていきます。

例えば「質問投稿サイト」なんかも、【ログイン機能 + 掲示板機能】という組み合わせでできているわけですね。

一見、複雑そうに思えるWebサービスでも、実際にはシンプルな機能の組み合わせで作られているものです。

なので、まずは「作れるものを増やす」を目標に進んでいくのがオススメです。

もし「チュートリアルをやっても、しっくり来ない」と感じるなら、プログラミングスクールを検討するのも良いと思います。

スクールのカリキュラムに沿って、どんどん作れるものを増やしていくことができます。

僕自身、独学で取り組んでいましたが、最終的にプログラミングスクールを受講しました。

スクール受講をきっかけに、一気に学習が加速したなと思っています。

勉強方法に悩む時間はもったいないですよね。

時間を買う意味でも、プログラミングスクールはメリットがあります。

以下の記事では、無料体験が可能なスクールの中からオススメをまとめています。伸び悩んでいると感じているならチェックしてみてください。

関連記事:おすすめのプログラミングスクール3選【無料体験あり】

ちなみに、僕が実際に受講したのは「テックアカデミー」というスクールです。(オンライン受講)

以下の記事でレビューしていますので、合わせてどうぞ。

関連記事:未経験者がテックアカデミーを受講した感想【その後の結果も公開】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする